マガジンのカバー画像

FRACTA’s Journal

92
FRACTAのブランディングやコマースに関するナレッジをお届けします。
運営しているクリエイター

#ブランディング

Branding Camp実施レポート「ECビジネスの運用に必要な視点と手法を学ぶ」〜味の素AGF株式会社様の場合〜

こんにちは。FRACTA広報チームの佐藤です。 こちらの記事では、今年FRACTAのブランディング・コマース教育プログラム「Branding Camp」(ブランディングキャンプ)を導入いただいた、味の素AGF株式会社(以下味の素AGF社)へのプログラムの様子をお届けします。 クライアントとともにプログラムを練り上げる「Branding Camp」では、これまで多数のブランドを支援してきたFRACTAならではの、実務に寄り添ったブランディングやコマースのセミナーやワークショッ

スキ
18

EC運用の要!?「出荷管理業務」に迫る!

こんにちは。FRACTA広報チームの佐藤です。こちらの記事では、ECにおけるバックオフィス業務に注目した内容をお届けします! 今やブランドビジネスには欠かせないEC。昨年末公開されたソーシャルコマースに関する調査レポートによると、ECの利用率はすべての性別・年代で8割超えだそうです。 *ソーシャルコマースに関する定点調査2021(全国の10代から70代の男女10,000名に実施) コロナ禍も相まって、FRACTAでもECを中心としたブランディングについてお声がけいただくこ

スキ
9

ブランディング活動にもなり得る、ビジネスパートナー探しについて

こんにちは。ビジネス&プロデュース局の高埜と申します。普段はセールスやパートナー企業さまとのアライアンス等を担当しています。 仕事柄FRACTAへの依頼相談や他社さまの様々なお話を伺うことが多いので、今回は仕事を一緒にする”ビジネスパートナー”を見つけるための”企業探し”について書こうと思います。 FRACTAとは関係無く、デザインやブランディング、EC、その他マーケティング・システム開発・コンサルティング支援等をしている会社を探すことになりそうな方に、何かしら参考になれば

スキ
18

いいロゴデザインてなんだろう

こんにちは。クリエイティブチームリーダーでアートディレクター/デザイナーの大野です。 今日、6月5日はロゴマークの日らしい。 ブランディングを語る上で欠かせないものの一つがロゴの話。 ある種ロゴはブランディングにおいて王様のような存在感を放っています。 そのブランドのキャラクターや思想が色濃く反映され、周囲からの認知を担うものでもあり、短くて数年、長くて数十年使い続けるもの。。。作る側としてはかなりの緊張感をもって挑む、恐ろしくもやりがいのあるもの。 今回はそんなロゴデザイ

スキ
189

FRACTAのプランナーが考える「これからのブランディング」

こんにちは。FRACTAでブランドストラテジックプランナーをしています、マキシ(通称:マッキー)です。 今回は、現代だからこそ留意したいブランディングの在り方について、考えてみたいと思います。 はじめにまずは私が最近ブランディングの在り方を感じた3つの情報を紹介させてください。 ① ドイツ、月額1200円で公共交通乗り放題に ガソリン価格高騰受け 9月以降は通常料金に戻る想定のようなので、一過性で終わるとの懸念もありますが、見習いたい側面は、国家として国の目指す方向性の

スキ
16

事件は現場で起きているのかも。

こんにちは。One by One局ブランドアクティベーションプランナーをしている鈴木と申します。 普段はブランドさんの言語化領域のお仕事を担当させていただくことが多く、コンセプトからネーミング、その他の細かい文言などをライティングしております。 今回は、FRACTAの様々なプロジェクトにおいて「ブランド体験」を重要視する意義についてお話出来たらと思います。 理解するというスタンスこのテーマを話す上で、まずFRACTAという会社のスタンスを説明せねばなりません。私たちFR

スキ
15

企業の全活動がブランディング、と言うけれど一体どういうこと?〜元スタートアップ経営者も目から鱗、実はどの配送業者を選ぶか、もブランディングになるんです〜

こんにちは。あらためまして、元スタートアップ経営者で現在はFRACTA RI局 共同局長の川岸です。 前回は、「ぶっちゃけ、ブランディングってビジネスにどう効くの?」という記事を投稿しまして、ご笑覧頂きありがとうございます! (多くの「いいね!」ありがとうございます!まだお読みになってない方は是非w) さて、よくFRACTAでは、「企業の全活動がブランディングです」というようなことを言うのですが、今回はその「企業の全活動=ブランディング」とはどういうことなのか、ということ

スキ
27

ぶっちゃけ、ブランディングってビジネスにどう効くの?〜元スタートアップ経営者から見たFRACTAが行うブランディング活動とビジネスの関係〜

はじめまして。FRACTA RI局 局長の川岸です。局長とは言いましても、実はFRACTA歴はまだ浅く、この記事を書いている時点で約1年しか在籍していません。ちなみに、FRACTAにジョインする前は何をやっていたかというと、自分で起業して、いわゆるベンチャーキャピタルなどから出資を受けて、非線形の成長を目指すスタートアップの経営をしていました。 今回は、そんな私の経験を踏まえ、ブランディングがビジネスにどう効いてくるのか...最近なんとなくそのあたりが見えてきたので、ここに

スキ
49

橋を渡して、一緒に走る! FRACTAのプランナーの役割について

こんにちは。FRACTAのOne by One局でブランドアクティベーションプランナーをしている山下と申します。今回は、ブランドの伴走者となるべく、様々なプロジェクトの中でFRACTAのプランナーがどのような役割を果たしているのかをお話出来たらと思います。 ■そもそもプランナーって世の中には、WEBプランナー、インテリアプランナー、ウエディングプランナー、ファイナンシャルプランナーなど「プランナー」という名前が付く職種が色々あります。「プランニング」を辞書で調べると“計画や

スキ
21

FRACTAの3つのサービスの役割を筋トレにたとえて解説してみた!

こんにちは!FRACTA CSV局の村中です。 FRACTAは昨年12月に教育サービスのBranding Camp、この1月にオンラインサービスのStar Trackerをリリースしました。 元々主要事業として提供していたプロジェクト伴走型サービスOne by Oneに加え、新たに2つのサービスが加わったことにより、これまでよりも業界・事業規模を問わず幅広いステージのブランドを支援できるようになりました。 実はこの構想は前々からしており、今回満を持してFRACTAのサー

スキ
18

迷うことなく、目的の“星”を目指して。総合ブランディング支援サービス「Star Tracker」

こんにちは。FRACTA広報チームの佐藤です。 先日、FRACTAより統合ブランディング支援サービス「Star Tracker」 (スタートラッカー)の提供を開始しました。 ブランド運営に関するツールやノウハウ/Tipsを一元化したサブスクリプションサービスで、これまで蓄積してきたFRACTAのナレッジを提供する……というもの。今回のnoteでは開発の背景や、サービスについてお伝えします。 Star Trackerの由来さて、みなさんは「Star Tracker」(スタ

スキ
20

【FRACTA×FFG記念対談④】「連合体でいきます、の方がみんな楽ですよね」FFG・塚田さん(後編)

対談企画最終回となる今回は、フィードフォースグループ社・代表取締役の塚田さん。 前編では、これまでのWebの世界を紐解きながら、塚田さんの経歴や、Web3について話が弾みました。 今だからFRACTAに聞いてみたいこと 河野:話は変わるんですけど、今だからFRACTAに対して、こういうこと聞いてみたいなとか、実際どう思っているんだろう、とかってあります? 塚田さん:河野さんとは、こうやってずっとこのディールが決まるまでもお話しして、河野さんの気持ちは結構お聞きしてきたん

スキ
27

【FRACTA×FFG記念対談④】「連合体でいきます、の方がみんな楽ですよね」FFG・塚田さん(前編)

フィードフォースグループへのジョインを記念してスタートした、対談企画。最終回となる対談のお相手は、フィードフォースグループ社・代表取締役の塚田さんです! インターネットの歴史と未来 河野:改めまして、この度は仲間に入れていただきありがとうございます!BIGBOSS!実は僕自身はEC-CUBEエバンジェリスト時代から、フィードフォースさんとずっとお仕事させていただいてるんです。塚田さんとはなかなかお話しする機会がなかったのです……塚田さんは、FRACTAのことはご存じでしたか

スキ
34

【FRACTA×FFG記念対談③】「自らの力で戦える企業を増やしたい」ANAGRAMS ・阿部さん(後編)

フィードフォースグループ各社の皆さんと、河野の対談企画。第3回目の対談相手は、アナグラム社・代表取締役の阿部さんです。 前編では、広告を取り巻く現状や未来の話、広告に対する思いなど、長年広告に携わってきたアナグラム社ならではの話題で盛り上がりました。 前編はこちら▼ FRACTAに聞きたいこと 河野:逆に阿部さんから僕らに聞いてみたいなとか、聞けていなかったけどこれってどう考えているんだろうとか、これどうしているの?というのがもしあれば。 阿部さん:料金形態とか知りた

スキ
25