Shopify News & Journal

60

【Shopify日本語アプリ】「送料無料バー」「在庫アラート」

こんにちは。TSディビジョンの森田です。
先日発表のありました、Shopifyアプリブランド「App archa」略称:A2。

この中でラインナップされています、「送料無料バー」「在庫アラート」について、今回はご紹介させていただきます。
Shopifyはまだまだ英語のアプリが多い中、こちらは日本語アプリになりますので、日本のブランドにも導入しやすいかと思います!

「送料無料バー」

このアプリ

もっとみる
応援ありがとうございます!私たちもあなたを応援しています!
13

Shopify plusでオーソリ期間延長のベータ版サービスを開始

Shopifyペイメントでは通常、オーソリ期間が7日間ですが、Shopify plusだとこのオーソリ期間を延長できる有料サービスをベータ版で開始した模様です。

また、このオーソリ期間延長手数料は、コロナ対策のため、2020年8月1日まで無料で使えるとのこと。

クレジットカードネットワークでは、7日間を超える承認期間には手数料が請求されます。新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) の影

もっとみる
応援ありがとうございます!私たちもあなたを応援しています!
5

いまFRACTAにできること

すべてはブランドが「生き残る」ために

私たちはこれまでずっと、ブランドを支援してきました。そしてこれからも変わらず、支援し続けます。なぜなら私たちはブランドから得られるすばらしい体験を知っているから。そしてそれをみなさんにも知ってほしい、体験してほしいからです。

私たちはブランドがいてくれるから、ブランドが新しい可能性にチャレンジしてくれるから、「生きて」います。「D2C」と呼ばれるブランドの

もっとみる
応援ありがとうございます!私たちもあなたを応援しています!
43

【2Plus Shopify アプリ検証】Shopify Plus専用データインポートアプリ「Transporter」検証まとめ

こんにちは。TCAディビジョンの森田です。
Shopifyを導入される際は、別のシステムから移行するケースが多いですが、その際、重要な作業として「データ移行」があります。

Shopifyでは、Shopifyにデータを入れることを「インポート」、Shopifyからデータを出力することを「エクスポート」と呼びます。基本的にはCSVファイル(カンマ区切りのデータ形式ファイル)を利用します。
Shopi

もっとみる
嬉しいです…!励みになります!!!
10

Shopifyアプリ利用の際に気を付けるセキュリティに関すること

こんにちは、フラクタEC局エンジニアのSho-Gunです。
Shopifyアプリを利用する上で、気をつけてくべきセキュリティの話をしたいと思います。

Shopifyはスマホのように必要な拡張機能をサードパーティ性アプリを利用して使っていくという設計思想を持っています。
これにより、必要に応じて機能をつけたり足したりできたり、プラットフォームとしてコアな機能をアップデートしやすくしていることで、我

もっとみる
ありがとうございます!一緒にがんばりましょう!
9

ECにおけるヘッドレス・コマースという考え方

前回FRACTAがShopifyを使う理由をテーマに、来るべき2020年代において自社ECに大きな変革が求められていること、その変革に対応するために、D2Cや中小規模のECにおいてもっとも最適な「Shopify」であることをお話ししました。
https://note.fracta.co.jp/n/n57bbcd8c2b15

今回は、Shopifyがそれらを実現可能な技術的な背景について、少し長く

もっとみる
嬉しいです…!励みになります!!!
24

なぜFRACTAはShopifyを使うのか?

FRACTAは、Eコマースとブランドの関係性をとても重要かつ、避けては通れぬ関係性であると考えています。
これは、「Eコマースは必ずやらなければならない」といったような単純な判断ではなく、Eコマース上にブランドコミュニケーションを実装するにはどういった方法が最適なのか、そもそも「Eコマース」自体がブランドのコミュニケーションにおいて本当に必要なのかも含めて、ブランドビジネス全体を俯瞰で判断する必要

もっとみる
ありがとうございます!一緒にがんばりましょう!
37

【Shopify】 Shopifyのイチオシ機能!商品詳細ページでの3Dデータ活用とARの導入方法

Shopifyストアでの製品のビデオ・3Dサポートが開始

今年の10月には、すべてのShopifyストアで製品のビデオおよび3Dサポートが開始されます。これにより、店舗側で管理画面の商品ページから、画像、ビデオ、3Dアセットをすべて一括編集・管理が可能となるようです。

先駆けてARは2018年のUniteの時点で解禁されていました。iOS 12 以降のSafariで正式に使えるようになり、世界

もっとみる
嬉しいです…!励みになります!!!
27

マーチャント?トランザクション?EC業界の用語翻訳辞典

EC関連の用語は英語由来のものが多く、なかなか覚えにくいですよね。しかし大事なのは、暗記して無理に使おうとすることではなく、その言葉が「何」を示しているかをしっかりと理解すること。ここではECの世界で頻出する用語の本質的な意味と、使われるシーンについて解説します。

※本編では「分かりやすさ」「理解のしやすさ」を重視しているため、本質的な側面では事実と即していない場合があります。予めご了承ください

もっとみる
応援ありがとうございます!私たちもあなたを応援しています!
10

EC運営の中の人に聞きました、ここがダメだよASPショッピングカート!  〜でもそれ本当にダメな箇所?〜

ECサイトの開発依頼をいただく際、「今使っているASPは不満な点が多いので、自由にカスタマイズできるEC-CUBE や magento に乗り換えたい」というご相談をよく受けます。皆さんどういったところに不満を感じるのでしょう?現場担当者の声をまとめてみました。

●【不満その1】基幹システムなど外部システムとの連携ができない

これは業務的にはクリティカルであり、ASPが苦手としている箇所なので

もっとみる
応援ありがとうございます!私たちもあなたを応援しています!
11