Shopify News & Journal

14
記事

なぜShopifyエバンジェリストをやるのか

久しぶりにnoteを書くチャンスが!
というわけで、書きます。
「なぜ僕はShopifyエバンジェリストをやるのか」

最近はWBSで放送されたりで、Shopify の知名度がグッと上がり、みなさんからお問い合わせや質問を多くいただけるようになりました。嬉しい限り。
そんな中、先日ある友人からこんな質問をいただきました。

「Shopify エバンジェリストの仕事ってお金どれくらいもらえるんですか

もっとみる
ありがとうございます!もしよかったらシェアしていただけたら嬉しいです!
73

【2Plus Shopify アプリ検証】Shopify Plus専用データインポートアプリ「Transporter」検証まとめ

こんにちは。TCAディビジョンの森田です。
Shopifyを導入される際は、別のシステムから移行するケースが多いですが、その際、重要な作業として「データ移行」があります。

Shopifyでは、Shopifyにデータを入れることを「インポート」、Shopifyからデータを出力することを「エクスポート」と呼びます。基本的にはCSVファイル(カンマ区切りのデータ形式ファイル)を利用します。
Shopi

もっとみる
シェアもしていただけると泣いて喜びます…
9

Webサイト制作&運用経験者が見た、Shopifyテーマの具体的な良いところ

こんにちは。TCAディビジョンの森田です。
Shopifyのテーマは質がよいです。ただ単に良いと言っても何が良いか分からないので、コードを見ていて気づいた、具体的に良いところを挙げていきます。私はクライアントのWebサイトの制作・運用どちらもしていたことがあるので、作る目線&運用しやすさ目線で見てみます。

【注意!】テーマにもよるので一概には言えませんが、概ねこんな品質が多そう、と見ていただけれ

もっとみる
これからもよろしくお願いします!
7

【セミナーレポート】Shopify Meetup in Shibuya

こんにちは、フラクタ PRチームです。
フラクタでは、ブランディングのセミナーだけでなく、Shopifyに関してもShopifyパートナー様たちと共催でMeetup形式の勉強会を開催していたりします。今回は、そちらのセミナーレポートを公開!

今回は、2019年11月29日(金)株式会社トランスコスモス技術研究所様と共催の「Shopify JP Meetup Shibuya 〜ブランドの成長を加速

もっとみる
これからもよろしくお願いします!
9

Shopifyサイト構築のディレクションで気をつけること

こんにちは!フラクタディレクターチームです。

ありがたいことに、Shopifyパートナーとして、日々多くのShopifyに関するお問い合わせをいただいております。
(そして先日はめでたくShopify plusパートナーとなりました)。

一刻も早くShopifyを使ってみたい。(そして私達も、使っていただきたい)
そんな心から、Shopifyを使ったプロジェクトの進行について、気をつけるべき3

もっとみる
いつもスキをありがとうございます!
19

【Shopify Tips】「配送プロファイル」という設定で日本向けECで出来ること

こんにちは!フラクタPRチームの小中です。

今回は、社内で調査してわかったShopify全プランにおいて、「商品別で送料を設定できる」機能が追加されていたことについて書いていきます。
今まで商品別に送料を設定することができず、 アプリなしのShopify純正の機能では送料の個別設定ができませんでした。日本のEC業界的に言い換えると、「特定の商品に対して個別送料を設定できる」といったほうがわかりや

もっとみる
シェアもしていただけると泣いて喜びます…
10

Shopify Unite 2019で感じた、価値交換としてのコマースの役割

こんにちは、フラクタテクニカルソリューションアーキテクトの藤永です。今回は、6月に行われたShopify Unite 2019で感じた、Shopifyが現代のコマースで目指しているものと、コマースの役割についてお話しします。

Commerceの語源

そもそもコマースとは、ラテン語の「commerx」に語源があります。

「commerx」=「com」(共に)+「merx」(商品)

そしてこの

もっとみる
シェアもしていただけると泣いて喜びます…
23

なぜFRACTAはShopifyを使うのか?

FRACTAは、Eコマースとブランドの関係性をとても重要かつ、避けては通れぬ関係性であると考えています。
これは、「Eコマースは必ずやらなければならない」といったような単純な判断ではなく、Eコマース上にブランドコミュニケーションを実装するにはどういった方法が最適なのか、そもそも「Eコマース」自体がブランドのコミュニケーションにおいて本当に必要なのかも含めて、ブランドビジネス全体を俯瞰で判断する必要

もっとみる
thank you !!!
32

【Shopify】 Shopifyのイチオシ機能!商品詳細ページでの3Dデータ活用とARの導入方法

Shopifyストアでの製品のビデオ・3Dサポートが開始

今年の10月には、すべてのShopifyストアで製品のビデオおよび3Dサポートが開始されます。これにより、店舗側で管理画面の商品ページから、画像、ビデオ、3Dアセットをすべて一括編集・管理が可能となるようです。

先駆けてARは2018年のUniteの時点で解禁されていました。iOS 12 以降のSafariで正式に使えるようになり、世界

もっとみる
応援ありがとうございます!
24

「Shopify Unite 2019」のオフィス訪問

近年、様々なブランドや事業が立ち上がっていますが、その多くが従来の重厚なシステムに代わり、Shopifyを導入し始めているようです。

Shopifyの公式パートナーであるフラクタは、Shopifyの最新動向を把握するため先日カナダで行われた「Shopify Unite 2019」に参加してきました。

セッションの様子は公式ページで公開されています。

イベントで発表された機能やAPIなど詳細な

もっとみる
フラクタをよろしくお願いします!
15