FRACTA |トータルブランディングパートナー

ブランドの自走を支援するトータルブランディングパートナーのFRACTAです。 「ブランドを、未来の文化へ。」をビジョンに掲げ、ブランドの挑戦をテクノロジーとデザインの力で支えていきます。 #D2C #ブランディング #EC #Shopify のご相談はぜひお気軽に!

Shopify News & Journal

Shopifyの特徴や便利な機能についてお知らせいたします。

すべて見る
  • 70本

「Shopifyを選ぶ理由」をちゃんと理解する。FRACTAが監修する『ランサーズデジタルアカデミー』の「Shopifyマスターコース」とは

こんにちは。FRACTA広報チームの佐藤です。本記事では、最近FRACTAがクラウドソーシングサービスのランサーズさんと取り組んだ、Shopifyを主軸としたECサイト制作のスペシャリストにキャリアアップするための講座についてご紹介します!  FRACTAならではの知見を織り交ぜた教材作り先月ランサーズさんより、『ランサーズデジタルアカデミー』というデジタルスキル教育サービスに関するリリースが発表されました。 デジタルスキルの向上を希望する方に向けて、動画教材を活用したサ

スキ
10

Shopifyで何かおかしいな?と思ったら、まずステータスページを見る

こんにちは。RI局シェルパディビジョンの森田ことチョコおじです。 今回は、Shopifyを使っていてごく稀に起こるシステム障害の確認方法をお伝えしていこうと思います。 実際障害が起きると焦るので、心構えとその他いろいろサービスについても書いておきますね。焦らないで。 重要な心構え「アクセスできない!画面が表示されない!買えない!」 ・・・一旦落ち着きましょう。焦っても解決しません。 可能性はいくつもあります 自分が何か操作をしたのがきっかけでは?(本当に?100%ないと

スキ
15

フィード「フォース」グループ と共にあらんことを

みなさんこんにちは。河野です。 本日あらためてフラクタからもリリース発信いたしましたが、このたび、我々FRACTAは資本業務提携を通じてフィードフォースグループ(以下FFG)の一員に加えていただきました!あれ?意外?と思う人も「やはり!」という人もいらっしゃると思いますが、2021年12月17日の塚田さんの熱きエール(ありがとうございます!)に応える形で、僕の方からも背景と意味について語らせていただければと思います。 多くの友人、お客さまから「びっくり!」と言われたので、会

スキ
175

for文でのlimitの使い方が合っているのかレビューしてほしい

こんにちはフラクタRI局シェルパチームの橋本です。 社内サポートでお問い合わせをいただいた内容を解説するシリーズです。 修正案のソースコードはフラクタのチョコおじこと森田が考えてくれました! お問い合わせ内容ブログ記事を出力させるセクションで特定のタグを含む記事を最大3件ストアフロントに表示させたい。 自分でソースコードを書いてみたが問題ないかが判断できないのでレビューをしてほしい。 使用テーマ:Prestige 対象ファイル:blog-posts.liquidをベース

スキ
12

FRACTA’s Journal

FRACTAのブランディングやコマースに関するナレッジをお届けします。

すべて見る
  • 84本

「Shopifyを選ぶ理由」をちゃんと理解する。FRACTAが監修する『ランサーズデジタルアカデミー』の「Shopifyマスターコース」とは

こんにちは。FRACTA広報チームの佐藤です。本記事では、最近FRACTAがクラウドソーシングサービスのランサーズさんと取り組んだ、Shopifyを主軸としたECサイト制作のスペシャリストにキャリアアップするための講座についてご紹介します!  FRACTAならではの知見を織り交ぜた教材作り先月ランサーズさんより、『ランサーズデジタルアカデミー』というデジタルスキル教育サービスに関するリリースが発表されました。 デジタルスキルの向上を希望する方に向けて、動画教材を活用したサ

スキ
10

FRACTAのアートディレクターのデザインプロセス

こんにちは。One by One局のアートディレクター/デザイナーの横井と申します。普段の業務として、ブランドさんのクリエイティブ面のご提案をさせていただいています。 今回は、「FRACTAでは、どんなプロセスで何を意識しをしてデザインしているのか」という内容をお話しできればと思います。 デザインプロセスについて唐突ですが、デザインって少し閉鎖的なイメージですよね。 案件の担当者様など、提案に参加している人はデザインの成り立ちも分かるかもしれませんが、多くの人は完成したも

スキ
33

事件は現場で起きているのかも。

こんにちは。One by One局ブランドアクティベーションプランナーをしている鈴木と申します。 普段はブランドさんの言語化領域のお仕事を担当させていただくことが多く、コンセプトからネーミング、その他の細かい文言などをライティングしております。 今回は、FRACTAの様々なプロジェクトにおいて「ブランド体験」を重要視する意義についてお話出来たらと思います。 理解するというスタンスこのテーマを話す上で、まずFRACTAという会社のスタンスを説明せねばなりません。私たちFR

スキ
14

FRACTAという人

FRACTA RI局 共同局長の星です! このnoteでは、人事を担う私から見た、FRACTAのメンバーについて書いていこうと思います。 FRACTAがトータルブランディングパートナーとして担う領域はとても広く、様々なブランドを色々なフェーズで支援するためには、より多くの経験や知識が必要となります。 そんな幅広い領域での支援を実現するために、FRACTAには多種多様な職種のメンバーが在籍しています。 職種も違えば、バックボーンも違うFRACTAには約50名のメンバーがい

スキ
15

Event & Exhibition

FRACTA主催/共催のイベントや、スタッフが参加した勉強会などの告知やレポートをお届けします。

すべて見る
  • 49本

【イベントレポート】顧客と共創し、ブランドの未来をつくりあげるために――必要なテクノロジーとこれからの変化を探る

こんにちは!FRACTA広報チームです。 2022年3月23日に開催したオンラインイベント「Creators MIX 2022」。 本日は、CreatorZine編集部によりまとめられたイベントレポートをお届けします。 松岡 亜希[著]  今まさに、時代は大きな転換点を迎えているのかもしれない。メタバースやNFT、Web3.0といったキーワードを見かける機会も増えるなか、それらの広まりが意味する本質をつかむことが、今後のブランド成長のポイントでもあるはずだ。そんな今起きて

スキ
5

【イベントレポート】顧客は「ブランドを象徴する体験」を買う アフターコロナ・Web3時代の新たな価値提供を考える

こんにちは!FRACTA広報チームです。 2022年3月にオンラインにて開催されたイベント「ECzine Day 2022 Spring」。 本日は、ECZine編集部によりまとめられたイベントレポートをお届けします。 景山 真理[著]  不確実かつ変化の激しい時代を迎える昨今。ものや情報の飽和も進む中、生活者は購入するものや支持する企業・ブランドを「流行っているから」ではなく、「共感」や「消費に対する意義」に重きを置いて選択するようになっている。また、Web3時代におい

スキ
6

「自分たちは何者か」を突き詰めたプロジェクト &FRACTA#001イベントレポート

こんにちは。FRACTA広報チームの佐藤です。 本記事では、先日実施したソファD2Cブランド「MANUALgraph」さんとのブランディングと自走に関するイベントの様子をお届けします。 FRACTAでは、今年3月からブランドさんをお呼びした対談イベントを定期的に開催することになりました。 記念すべき第1回目のゲストにお呼びしたのは、静岡県裾野市のD2Cブランド「MANUALgraph」を手がける株式会社フジライトの代表取締役・鈴木大悟様(以降鈴木さん)。FRACTAでは、

スキ
15

FRACTAが中小機構とともに「D2Cスタート講座」を開催しました!

こんにちは。FRACTA広報の高野です。 今年7月〜11月の約4ヶ月半にわたって、中小機構とともに「D2Cスタート講座」を行いました。本記事では、その様子をご紹介します! D2Cスタート講座とは、 中小企業向けに中小機構が開講したウェビナーです。コロナ禍やSNSの普及などによる消費行動の変化を捉え、デジタル活用等を通じて顧客と直接つながるビジネス戦略を一から構築することを目指し企画されました。 地域活性化パートナー企画として、「自社でつくって卸す事業」から「ブランドと顧客が

スキ
13

MIRAI Lab

テクノロジーの発展とともに日々変化するブランドやコマースにまつわる未来のお話をお届けします。

すべて見る
  • 53本

未来と文化の交差点#004 〜メタバースへの扉、変わりゆく日常〜

こんにちは。本記事では、音声メディア「FRACTA Future Forecast|未来と文化の交差点」の第4回の様子をお届けします! 今回は実際にMeta Quest2を体験した後のお話です。 Meta Quest2 を体験してみた つっちー:先日Meta Quest2のHorizon Workroomsを体験しました。FRACTAは今、通勤もリモートもOKなハイブリッド勤務で、リモートでの打ち合わせも多いので体験してみたのですが、僕自身ウェアラブル端末を使うのが今回

スキ
11

未来と文化の交差点#003 〜持たない応援にNFTを〜

こんにちは。本記事では、音声メディア「FRACTA Future Forecast|未来と文化の交差点」の第3回の様子をお届けします! 今回のテーマは「NFT」です。 NFTとは? つっちー:今回はテック系で、Web3やNFTのお話をしたいなと思います。 チャーリー:我々もそういうことのリテラシーを高めていきましょうということで。 つっちー:そうなんです。僕も含めて、そもそもNFTって何なんだろうと。いきなりですが、簡単な解釈をお伺いしても良いですか? チャーリー

スキ
6

未来と文化の交差点#002 〜伝統と革新のダブルスタンダード〜

こんにちは。3月よりスタートした、社会やテクノロジー、ビジネスの話題を行き来しながら、未来や文化についてのたらればを発信する音声メディア「FRACTA Future Forecast|未来と文化の交差点」。本記事では、第2回の放送「伝統と革新のダブルスタンダード」のトークの様子をお届けします。 歴史的なプロダクトに革新は必要? つっちー:第2回目よろしくお願いします。今回は、チャーリーとプロダクトデザインについて色々話したいなと思います。 チャーリー:我々は好きですから

スキ
9

音声メディア「FRACTA Future Forecast|未来と文化の交差点」がスタートしました!

このたびFRACTAでは、音声メディア「FRACTA Future Forecast|未来と文化の交差点」を3月1日よりスタートしました。「未来と文化の交差点」は、FRACTAプランナーのつっちーこと土田と、チャーリーこと狩野が社会やテクノロジー、ビジネスの話題を行き来しながら、未来や文化についてのたらればを発信する番組です。 https://anchor.fm/fracta 今回は、先日公開した「SFから考える信用スコア」の様子をお届けします。 ----- つっちー:

スキ
12

FRACTA’s Culture

FRACTAの働く環境や人、文化についてお届けします。

すべて見る
  • 15本

FRACTAメンバーの活躍を支える設備、サポートについて

はじめてのnote執筆で緊張しているRI局E3div、カルチャーアーキテクトの小林です! FRACTAのメンバーがお仕事をする上で欠かせない大切な設備についてお話ししたいと思います。 リモートワーク設備FRACTAではリモートワークと出社を自由に選択できるハイブリット勤務をしているのですが、自宅でリモートワークするためにも、必要な設備はできるだけ提供するようにしています。 キーボード・マウス・ディスプレイなどのPC周辺機器はもちろんですが、サブスクでオフィスチェアも借りるこ

スキ
12

FRACTAのペット事情と癒しチャンネルの話

こんにちは。FRACTA広報チームの佐藤です。 現在FRACTAのスタッフのほとんどは、リモートワーク。日々のコミュニケーションは、基本Slackで行っています。 さまざまなチャンネルの中でひときわ目を引くのが… (やや出落ち感があるのですが)FRACTAのSlackで究極の癒しチャンネルです🐶🐱 というわけで、一部をご紹介 最高ですね…🐱 猫だけでなく、犬もいます🐱🐶 まるで投げ銭のようなリアクションの数々(ちなみに私は動物が大好きなのですが、住宅事情で一緒に暮らせ

スキ
13

FRACTAのハイブリッド勤務とその成功の秘訣

こんにちは。FRACTAカルチャーアーキテクトの青木です。今回はFRACTAが実施しているハイブリッド勤務(リモート×出社)についてお話ししていきたいと思います。 ハイブリッド勤務とは、オフィス勤務とリモートワークを合わせた働き方を言います。 従来は週5で出社することが基本でしたが、ハイブリッド勤務では必要に応じて出社するのみで基本的にはリモートワークにて業務を行います。 オフィス勤務ともリモートワークとも出社勤務のスタイルを固定しないので、社員が自分の能力をフルに発揮

スキ
16

つねに新しいことを取り入れて、変化する。ハイブリット勤務、産休や育休、社内の効率化に向きあうFRACTAのE3divについて

こんにちは。FRACTA広報チームの佐藤です。 FRACTAでは日々ブランドをサポートしていますが、今回は普段からFRACTAのメンバーをサポートをしてくれているバックオフィス部門、RI局E3divについてご紹介します。 E3とは「Employee Empowerment & Environment(従業員のエンパワーメントと環境)」の略称です。多くの人がイメージするバックオフィスの業務に留まらない、スタッフの働く環境作りを担っていることからこの名前がつきました。 FRAC

スキ
16