アートディレクターの私が ベリーダンスにハマった3つの理由

こんにちは。クリエイティブディビジョンのアートディレクター・宮崎です。

いきなりですが、私の趣味はベリーダンスです!私にとってベリーダンスは、自分を探求するクリエイティブ表現の一つです。
ベリーダンスにハマって、もう4年半が経ちました。今回はみなさんにその魅力をご紹介したいと思います。


ベリーダンスとは?

8000年以上の歴史を持つ世界最古の踊り。起源は諸説ありますが、王族たちに見せる高貴な踊りとして、エジプトで発祥しました。その後トルコで発展し、アメリカではショーダンスとして定着したのち、世に広まったというおもしろい歴史を持っています。
普段肌を隠しているイスラム教徒の女性たちは、仲間内でひっそりと集まりベリーダンスを楽しんでいました。巷のジプシーたちも、それを見よう見まねで自分たちの生活に取り入れながら発展。そして時代の変化とともに、移民や宗教(イスラム教、ユダヤ教、キリスト教など)のミックスにより、さまざまなスタイルが誕生しました。

そんなベリーダンスは、今や日本でも人気。インナーマッスルが鍛えられるので、女性らしいしなやかな体型に近づく、見られることで綺麗になる、冷え性が改善される、スムーズな出産に効果的など、良いことがたくさんあるとか。

でも私には、もっと心惹かれるポイントがあるのです!


1.   無になる

「こう見られたい!」「こう思われそうだからこれはしない!」など、人はいつも誰かの目を気にしながら生活していることが多いと思います。とはいえ、そういった邪念を取っ払い、頭をまっさらにするのって難しいですよね。

しかし、「無」の状態から湧き上がるオリジナリティこそ、本質を突くことがあります。それはブランディングにも言えること。揺るぎない独自性は、固定概念や小さな欲望を剥ぎ取らないと見えてきません


2. Don’t think, Feel!

ベリーダンスを踊るときは五感を研ぎ澄ませ、感じるままに舞います。決められた型通りに踊らないので、自由にクリエイトするおもしろさがあります!
それを表現できたとき、自分が女性であることに気づきます(笑)。でも、美しいものを自分自身が作り出せることは、大きな喜びです。


3. エンターテイナーになる

舞台でお客さんを楽しませてこそ、真のダンサーです。恥を捨てた向こう側に見えるお客さんとの一体感は、言葉にできない感動があります。

昨今、デザイナーやアートディレクターの名前の意味が広くなり、クリエイティブって何だろうと思うことが増えた今日この頃。しかし、いろんなものが覆いかぶさって見えにくくなっているだけで、ヒントはきっと、いつも近くにある。

これからもベリーダンスで「無」になり、素直に感じる時間を持つことで、そういうものを見失わないようにしたいなと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

FRACTA | ブランディングエージェンシー

“ブランディングで、世界を豊かに。“その信念を元に、クリエイティブとテクノロジーを駆使した戦略で、ブランドの潜在能力と存在意義を導く。そして、ブランドの先にいるお客様の心を豊かにしながらも、企業のモチベーションや一体感を醸成し続けます。https://fracta.co.jp/

People & Culture

FRACTA の働く環境づくりのレポート。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。