見出し画像

【イベントレポート】第2回EC Young JAM

こんにちは、FRACTA 広報の花沢です。2020年6月25日(木)に開催したEC Young JAM第2回のイベントレポートをお届けします!

EC Young JAMとは?

EC業界においてこれまで業界を牽引してきた40代と、勢いのあるZ世代の活躍に注目が集まるなか、中間で活躍している20〜30代に向けて、プレゼンスを発揮していこう!横のつながりをつくり支え合っていこう!という若手交流イベントです。

EC Young JAMの目的

イベント説明とかぶる部分もありますが、本イベントは若手世代の思考力を鍛えたり人脈を広げることで、仕事の課題や悩みの解決をサポートし、EC業界で活躍する若手を育てていきたいと考えています。

イベントはワークショップ形式で行われ、同世代のメンバーと毎回さまざまな課題に挑戦していきます。

モデレーター

第2回のモデレーターは弊社代表 河野、ECエバンジェリストとして全国のEC担当者を支援する活動を行っている川添さん、そして若手代表として業界に広いつながりをもち活躍しているWOVNの大原さんの3名に務めていただき、ワークショップのコツや、EC業界で活躍するために大切なことなどをお伝えしています。

画像4

第2回のワークショップテーマ

第2回では、「D2Cブランドをつくる」をテーマにオンラインでワークショップを実施しました。グループメンバーが所属する企業の特徴や強みを活かして、新しいブランドやサービスを生み出すという内容です。

今回は、新しいブランドをつくる際に一般的に必要とされる要素をお題として設定しています。

・ブランド名
・タグライン・キャッチコピー
・ビジョン
・ミッション
・リーズン
・社会的価値
・販売・提供チャネル・ECシステム
・顧客とのチャネル接点(オンライン・オフライン)
・ロゴ(※ロゴ作成ツールの使用OK)

これだけ多くのことを決める必要がありながらも、ワークショップの時間はたったの30分!そこで、ワークショップを進めるにあたってのポイントを河野より伝え、ワークショップが始まります。

”D2Cブランドに限らず、ブランドをつくるうえで大事なポイントは
「自分たちの価値はなにか、自分たちは何者か」そして(誰に)「何を」知ってほしいか、伝えたいかを考えることです。”

ワークショップ実践!

今回は30名強の参加者に集まっていただいたので、7つのグループ(1グループ4〜5名ほど)に分かれて実施しました。(※ZOOMのブレイクアウトルーム機能を使用しています)

かなりタイトな時間での作業でしたが、各グループともまずはそれぞれのメンバーの企業理解を深めてブランドとしてかたちづくる要素を検討し、そこから新たに提供できる価値を定義していきます。ここでは、「この企業だからこそ、自分たちだからこそ生み出せる価値」に焦点をあててディスカッションが行われました。

ワークショップの終わりが近づいてくる頃には、伝えたい価値を届けるための販売チャネルの選定に着手するグループ、ロゴを作成するグループなど進み具合に差はあるものの仕上げにとりかかります。D2Cブランドということもあり、ほとんどのグループが販売チャネルにはSNSやポップアップを選んでいましたが、オンライン−オフラインのシームレスな購入体験まで設定しているハイレベルなグループも。

そうしてあっという間にワークが終了…!ここから各グループの発表に移ります。

短時間でもブランド名から販売チャネルまでしっかり設定しているグループが多く、モデレーターもみなさんの能力の高さを実感していました。発表の一部をちょっぴり、ご紹介します。

スクリーンショット 2020-07-07 10.54.56

こちらは食品系の企業に勤めているメンバーがいたグループから発表された和菓子ブランドです。提供できる価値から積み上げて丁寧に設定したことが伝わる、まとまりのある内容でした。ロゴもかわいいです!

また他のグループでは、販売戦略と役割分担まで設定したところもありました。顧客に届けたあと、使い続けてもらうための具体的な戦略が練られています。

スクリーンショット 2020-07-07 11.21.58

まとめ

今回は「D2Cブランドをつくる」というテーマでワークショップを行いました。河野より、このワークショップでみなさんに体験していただいたことは、ブランドをつくるプロセスにおいて大切な「考慮を重ねること」は短時間からでも積み上げることができるということである、とお伝えしました。

河野:
ブランドをつくること自体はとても時間のかかるものですが、本来は誰もができることです。しかしながらブランドをつくりあげるまでのプロセスでは、ブランドメンバーで自分たちが置かれている状況や社会の状況から、何度も考慮を重ねていくことが非常に大切。この考慮するという行動自体は今回のように30分でもできる、ということをお伝えするためにこのワークショップを実施しました。みなさん期待以上にそれを実践していただいていて、とても良いワークでした。

続けて大原さん川添さんより各グループの発表を受けて、EC業界の未来を担う若手のみなさんに向けてメッセージを送っていただきました。

大原さん:限られた時間のなかで成果物を求められるというハードなワークでしたが、議論をもとに積み上げた凝縮されたアウトプットが各グループから出ていて、同世代のパワーを感じました。
川添さん:短時間で各グループのブランド同士で協業もできそうな発展性のあるアイディアが出てきたことはすばらしいです。日々の業務の中でも自信を持ってアウトプットしていってほしいです。

そして懇親会:ZOE BAR

ワークの後はリフレッシュも兼ね、川添さんに主催いただいたZOE BARで懇親会。グループで一緒になったメンバーはもちろん、他の参加者の方々も交流いただき大盛況でした!


最後に

同じ職種の同世代どうしで集う機会が少ないなかで、今後もワークショップを通じて同世代の仲間と出会い繋がりをつないでいくきっかけになれたら幸いです。

ご参加いただいたみなさまありがとうございました!

次回は未定ですが、開催が決定したらこちらのnoteにて告知を出しますのでぜひnoteをフォローしていただけるとうれしいです!


■第1回EC young JAMのレポート

▼FRACTAについて

▼各種SNSもやってます!ぜひフォローをお願いいたします!
■Twitter

スクリーンショット 2020-07-07 18.58.36








応援ありがとうございます!私たちもあなたを応援しています!
9
「日本のブランド価値の総量を最大化する」ことをミッションに、#Shopify 構築支援や #D2C ブランド立ち上げを支援しています。ブランディングのご相談はどうぞお気軽に! https://fracta.co.jp/

こちらでもピックアップされています

イベント告知・レポート
イベント告知・レポート
  • 48本

川添隆の登壇予定があればコチラで告知します。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。