見出し画像

いまFRACTAにできること

すべてはブランドが「生き残る」ために

私たちはこれまでずっと、ブランドを支援してきました。そしてこれからも変わらず、支援し続けます。なぜなら私たちはブランドから得られるすばらしい体験を知っているから。そしてそれをみなさんにも知ってほしい、体験してほしいからです。

私たちはブランドがいてくれるから、ブランドが新しい可能性にチャレンジしてくれるから、「生きて」います。「D2C」と呼ばれるブランドの形にチャレンジする企業さんがいるから、私たちは力を発揮できているのです。

ブランドたちはいま、この瞬間もみなさんにすばらしい商品を、サービスを、そして体験や想いをお届けするために多くの苦しみを抱えながらも、戦っています。しかしながら、なかにはブランドが継続できずにお店を畳まざるをえないところも増えています。現状は私たちの目標とは全く真逆の方向に進んでいる。それを少しでも止めたい。日本のすばらしい商品、優れた技術、ブランド、そしてブランドにコミットする人たち、ブランドを彩る文化。すべてを絶対に失いたくない。

ですが、私たちができることは限られます。ひとつの小さな会社ができることは本当に限られています。でも「何もしない」ではない。どんな小さなことでもやり続ける。考え続ける。そうして私たちFRACTAがいまブランドのためにできることはなんなのかを考え、ひとつの答えにたどり着きました。

それは、

これまでブランドとECをサポートしてきたノウハウをみなさんにお届けすること

です。

なぜノウハウ提供なのか

FRACTAはデジタル・ECとクリエイティブによってブランディングを支援する会社です。本来であれば、ブランドと一緒に内側から、ブランドがより輝くため、あるいは生き抜くために何が必要なのかを考え設計します。しかしそれには時間が必要ですし、サポートできるブランドも限られてしまいます。

FRACTAはミッションに「日本のブランド価値の総量を最大化」を掲げています。このミッションに忠実な視点に立ち返ったとき、いま必要なのは、より多くのブランドがすぐにアクションできる情報を届ける、そして寄り添うことだと考えました。

お届けする情報と方法

情報の種類は大きく分けてふたつ、ご用意します。FRACTAがこれまで培ってきたブランディングとECサイトについてのノウハウやナレッジです。

これらをnote中心に、ウェビナーやZOOM、Slackなどで無償提供していきます。そして一方的な情報提供にならないよう「相談」「壁打ち」ができる窓口をご用意します。※詳細は5月11日に発表します。

まずは代表の河野を皮切りに、専門家のスタッフができる限りのご相談にのります。また実験的に、新しい技術の検証情報なども今まで以上の速度で提供していきます。

そうはいってもこんなときにブランディングにかけるリソースがとれない…

と感じる方にこそみてほしい、いまブランディングが必要である理由と、それに関わるECサイトの役割についてを次にお伝えします。

FRACTAが考える、いま必要なブランディング

FRACTAではブランディングを、「なぜやるのか」というコアの部分から定義することから始まる、と考えています。このような状況だからこそ、自社ブランドがなぜお客様にプロダクトを届けたいのか、どういう想いを伝えたいのか、そしてどういった「思想」をもつかが大切です。それがみえないと、不安な状況のなかでお買い物をするお客様の安心や信頼を得ることはできません。そしてこの先の未来において、ここで考え抜いた「コア」はきっと大きな力になってくれるはずです。

コロナ禍でのECサイトの役割

いまECの役割として求められているのはまさに原点である「モノを売る場所」です。しかし、ただプロダクトが売れればいいという考えに陥ってはいけません。実店舗でお客様をお迎えすることが難しいいま、オンラインははじめてブランドを訪れるお客様との最初の接点になりますし、これまできてくれているお客様のさらなる信頼を得る機会にもなります。今後も自社ブランドを利用してもらう、信頼してもらうための場であることをどうか忘れないでください。

FRACTAでは、ECサイト構築を行ってきたバックグラウンドをもつことから、ブランディングの中でもECが担う役割はなにかを考えてブランドと一緒にECサイトをつくり上げる経験が豊富にあります。

そこでまずはこれらの経験を情報としてお届けし、ブランドが課題に感じていることや困っていることの解決の糸口になってくれたらと願っています。

これから

いまお任せいただいている仕事は「今まで以上に」貢献できるように、すばやく結果を出せるように動く。この大変な経済状況のなか私たちを信頼し、決して少なくない費用をお支払いいただき、任せてくださるお客様には本当に感謝しています。絶対に成功してもらいたいと心から思っていますし、そのためにできる限りのことはコミットしていく。

一方でいま困っているブランドたちへ。現在最も需要があるのはShopifyの導入やECの高速立ち上げ、そして急速なEC化のなかでお客様とどのようなコミュニケーションをとるべきかの「ブランディング」について。これらのノウハウを提供していきますし、相談にものります。立ち止まらず一緒に進んでいきましょう。

私たちのまわりにも、少しでも業界に貢献したい、良くしたい、なんとかしたいと思っている人たちがたくさんいます。
そういった仲間たちもきっと皆さんのお役に立ってくれると思います。少しでも多くの人同士が助け合えるように。この難局を乗り越えられるように。
過去の記事ではShopifyのすばらしいパートナー陣も紹介しています。本当に親身に考えてくれる優秀な企業、チームばかりなので、ぜひ相談してみてください。


FRACTAでは今後もnote上を中心に、Shopifyでの注意ポイントやブランディングの進め方など、ブランドに必要な情報をSNSでお届けしていきます。

こんな情報がほしい!という希望がありましたらこちらのnoteへコメント、または各種SNSで気軽にご連絡ください!河野との壁打ち、相談を希望される方も遠慮なく、noteやTwitterアカウントへコメント、DMをいただければと思います。5月11日にはまた新しい発表がありますのでお待ちください!

(もちろん、ブランディングの相談をしたいというご希望にもお答えしています!ご依頼は以下よりお待ちしております。)

最後に・・・

こんなことしかできなくてごめんなさい、という思いは正直あります。
でも、どんな小さなことでもやらないよりはやった方がいい、と考えこのnoteを発信しています。ぜひお気軽にコメントください!


ここまで読んでくれた方、ありがとうございます!
ぜひハートを押していただけると今後の励みになります…!!!




この記事が参加している募集

いま私にできること

応援ありがとうございます!私たちもあなたを応援しています!
37
「日本のブランド価値の総量を最大化する」ことをミッションに、#Shopify 構築支援や #D2C ブランド立ち上げを支援しています。ブランディングのご相談はどうぞお気軽に! https://fracta.co.jp/

この記事が入っているマガジン

Future of Digital Native Brand
Future of Digital Native Brand
  • 39本

海外のD2Cやスタートアップブランド、業界の最新情報を中心にFRACTAの考えるブランディングについてのコメントを交えてお届けします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。