ブランドの未来を共につくる。FRACTAのリブランディングに込めた覚悟。
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ブランドの未来を共につくる。FRACTAのリブランディングに込めた覚悟。

トータルブランディングパートナーのFRACTAが創業から初めてリブランディングしました。ブランドを取り巻く環境が刻々と変化するなかで、ブランディングというサービスを提供している私たちが変わらないままでブランドを支えられるのか、という思いからはじまったプロジェクト。
これは、ブランドとともに実現したい未来の話です。

だれのためのサイトづくり?

FRACTAは今でこそEC×ブランディングを強みに支援していますが、以前はEC制作会社としてECの構築・納品を主軸にしていました。創業当時はサイト制作ブームで、「いい感じのサイト」をつくりたいというブランドで溢れていました。そうしてブランドの要望を汲んだサイトの納品後に様子を聞いてみても、「実際は必要なタイミングではなかった」「多機能すぎて自社で運用しきれなかった」という課題が残ることも少なくありませんでした。

こうした状況に、ECが本来もつ継続的発展の可能性が失われる危機感を持ちました。そして要望通りにつくるのでなく、ブランドが生き残っていくための戦略から一緒に考え、継続した運用ができるサイト設計が必要だと考えるに至ります。”ECにこそブランディングの実装が重要”だと提唱してきたのもそのためです。

コロナ禍のいま、急速なデジタルシフトに対応すべく、EC構築および強化を急務として取り組むブランドが増えています。以前のサイト制作ブームと似た状況ですが、異なるのはサイト制作が簡単かつ迅速になっている点です。ブランディング提供側にとって、ブランドとともに考える時間が増えることは本来好ましい変化です。しかしブランドからはオンラインの接点がない焦りから、最短で要件通りに納品してほしいといった以前と変わらない依頼をいただくことも。役割を十分に定義しないまま、とにかくECをつくりたいという声に接する度、ブランディングの重要性が十分に理解されていないと感じています。

つくりたいのは自走するブランド体制と顧客をエンパワーメントする循環

かねてより”ブランディングは、ブランドが生き残るための戦略”と考えてきました。そのためにはブランドが自分たちの手で続けていけるブランド戦略やECサイト、SNS運用の設計が不可欠です。各専門パートナーに頼り続けた先にあるのは、ぼんやりした顧客の姿と一貫性を欠いたブランド体験かもしれません。自ら運用するからこそ経験として蓄積され、自分たちの顧客の姿をきちんと捉えた価値あるブランド体験が提供できるようになるはずです。

このリブランディングは、そんな自走する大切さを改めてお伝えするとともに、ブランドとつくりたい未来を実現するための意思表示です。
FRACTAはブランド支援によって、ブランドを通して個人の生活をさらに充実させたい。ブランドが成長してさらなる価値を提供することで、この世界はもっと豊かになると信じています。

もっとも、顧客の深い理解なしに個人のエンパワーメントはできません。顧客の理解にはブランドが主体となった対話が必要です。自走できる体制があれば、顧客の声を活かしたブランドづくりが可能になるでしょう。

リブランディングで変えたこと

今回のリブランディングには約一年の時間がかかりました。FRACTAという会社について、ブランド支援の中でみえる未来について、スタッフ全員で考えてみたためです。当初は各局から選出されたスタッフのみで実行していましたが、FRACTAの未来は全員で考えたいという思いから、全社でのオンラインワークショップ(以下、WS)を実施することにしました。

画像6

スクリーンショット 2021-05-12 9.08.37

▲miroでWSを実施。
機能的価値・情緒的価値・社会的価値の3軸でFRACTAの未来の価値を全社員でディスカッション。

WSでわかったのは、どのグループにも共通した考えがコアにあり、アウトプットが違うだけで同じ方向を見ているということでした。

WSを経て実際にアップデートした情報は以下です。

・思想の言語化
・ロゴのアップデート
・コーポレートサイトリニューアル(一部)

・思想の言語化
これまで明確なVision策定はしていませんでしたが、改めてFRACTAというブランドを強固にし、ブランドへの提供価値の向上と目指したい未来を示すために策定しました。

これまでは「ブランディングで世界を豊かに」とVision的に掲げ、ブランドの支援によって魅力的なブランドが広まり、新たに出会う生活者の心や生活に豊かさをもたらす、という思想からきていました。

新しいVision

画像2

このVisionには、FRACTAがブランドを支援し伴走する。そして未来の文化へとつなげていくという想いを込めています。

私たちは、ブランドが持つ無限の可能性を信じています。 この世に芽生えた新しい思想が、価値が、個性が、社会をきっと前に進めてくれる。 人々がブランドと出会うことで、十人十色の好きが広がっていき、彩り鮮やかな未来が生まれる。
私たちFRACTAは、 マーケティングとブランディング、そしてテクノロジーとデザインの力で、 ブランドの果敢な挑戦が未来の文化として実装されるまで、共に伴走していきます。

・ロゴのアップデート

画像4

これまでは品格や信頼の象徴としてネイビーを採用していました。今回は、FRACTAは多様なブランドと一体となり支援する、裏方的存在であるという意味を込めてミディアムグレーに変更しました。裏方にはひっそりと暗躍するイメージもありますが、私たちはプロデューサーのようなものだと捉えています。ブランドの魅力を引き出し、光を当て、世の中に広く知ってもらう。ときには奮い立たせ、心の支えになる。FRACTAがブランドに対して貢献してきた役割は、まさにプロデューサーです。
かたちを大きく変えず、骨格自体も変更していないのは、ブランドの支えとなる本質は変わらないようにという想いを込めています。

画像5

・コーポレートサイトリニューアル(一部)
サイトも新しいロゴとブランドカラーで統一しました。Top/About/Serviceページを主に改修し、私たちの思想や、どのように仕事に取り組んでいるかがより伝わりやすいかたちにしました。

画像6

https://fracta.co.jp/

ぜひ訪れてみてください。これからさらにパワーアップする予定です。

これからのFRACTA

さらなる自走するブランドづくりのため、持続可能な成長支援ができるブランディングサービスへと向上させる予定です。

また、ブランディングやECサイト構築、Shopifyに関する社内ナレッジを展開し、プロジェクト終了後もサポートしていきます。先日も、私たちがブランドの思想を言語化するときに使っているフォーマットを公開したのでぜひ取り組んでみてください。

それでもFRACTAだけで支援できる範囲には限度があります。さらに包括的な支援のため、パートナー企業とのコラボレーション企画も実施する予定です。パートナーとともにサービス提供することはもちろん、パートナー同士やブランド同士が繋がっていけるような支援も行います。

さいごに

冒頭でこのリブランディングはブランドとともに実現したい未来の話であるとお伝えしたように、ここからまた、FRACTAとブランドの新たなストーリーが始まります。ブランドを未来へつなぐための活動はまだまだ続きます。

FRACTAはこの想いをともに実現してくれるメンバーを募集しています。一緒にやってみたい、FRACTAに興味が湧いたという方はぜひWantedlyから詳細をご確認ください!




お心遣いに感謝です!!!
ブランドの自走を支援するトータルブランディングパートナーのFRACTAです。 「ブランドを、未来の文化へ。」をビジョンに掲げ、ブランドの挑戦をテクノロジーとデザインの力で支えていきます。 #D2C #ブランディング #EC #Shopify のご相談はぜひお気軽に!