[Shopify] 月額$9でカートシステムを利用できる!Shopify Liteとは?

こんにちは。フラクタのテクニカルディビジョン所属・ミサトです。

本日は、カナダ初のECプラットフォーム『Shopify』のプランの1つ、『Shopify Lite』について、どんなことができるのか、通常プランとの違いなどを紹介したいと思います。

Shopifyについて

目次
  ・Shopify Liteとは
  ・通常プランとの違い
  ・使い方のイメージ
  ・まとめ

Shopify Liteとは

Shopify Liteとは、ECサイトを持たずに、既存のホームページやブログ記事にカートボタンを設置することで、EC機能を実現できるカートシステムです。ボタンを置けるページさえあれば、なんと月額$9でECをスタートすることができます。サイト制作よりもまず商品を売り始めたい!という方や、SNSをベースに商品を販売したい方にぴったりのプランです。

通常プランとの違い

Shopifyの通常プランでは、ECサイトのフロント(商品ページ等)と管理画面のセットで利用できますが、Liteではフロントがなく、管理画面のみとなります。

管理画面自体は、通常プランのものと違いはなく、商品登録や受注管理も同様に利用することができます。さらにアプリも使用できるので、受注処理の自動化など、管理画面側の機能拡張も行えます。

また途中から通常プランに切り替えることができるので、最初はブログやSNSで始めて、後からECサイトを作成することも可能です。

通常かLiteか、プランを選ぶ際は、
・Shopify製のサイトを持つか持たない(別の媒体)か
・商品を販売するタイミング(サイト構築前か完成後か)

が判断材料になりそうですね。

使い方のイメージ

Shopify Liteでは、商品ページがないので、代わりになるページを用意する必要があり、そのページにカートボタンを設置することで、商品を購入することができます。例えば下記のような方法なら、より簡単に実現できるでしょう。

・EC機能のないサイト
もし既にサイトをお持ちなら、好きなページにボタンを置くだけで、簡単にECサイト化することができます。商品についての紹介ページはあるけれど購入機能がない、でも新規で構築するのは大変…といったブランドサイトに良さそうですね。

・ブログ/SNS
ブログやSNSを利用すれば、ゼロベースから数十分でECがスタートできると言っても過言ではありません。ブログの場合は、商品について書いた記事を投稿し、そこにボタンを設置すれば完了です。
そして、Shopify Liteと相性抜群なのがFacebookです。既存のアカウントとビジネスページを持っていれば、Shopifyの管理画面から登録して、簡単にFacebookショップの作成を行えます。Facebook運用をしている企業・ブランドは多いと思いますが、普段のPR投稿にカートボタンを付けることで、スムーズに購入ができるようになるので、売上アップに繋がるのではないでしょうか。

まとめ

本日ご紹介したShopify Liteは、サイトを持たなくても、ボタンを設置できるページがあれば、ECをスタートできるカートシステムです。

Shopify Liteの特徴をおさらい
 ・サイト(商品ページ等)はなく、カートボタンと管理画面のみ
 ・ボタンを既存サイトやブログに設置することで商品を購入できる
 ・管理画面は通常プランと同様の機能を利用可能
 ・後から通常プランに切り替えて、サイト制作ができる
 ・月額費用は$9(約1000円)、販売手数料は2% ※カード手数料は別途

Shopify Liteは14日間無料でお試しができますので、販売できる商品があれば、まずはブログやSNSで試してみてはいかがでしょうか。

Shopifyを無料で試す

Shopifyは、14日間無料でお試しいただくことができます。
あなたもShopifyでECサイトを開設してみませんか?

Shopify ECサイト構築サービスについて

フラクタでは、Shopifyを利用したECサイト構築サービスを行なっております。詳細につきましては、弊社サイトよりお問い合わせくださいませ。



私たちへのスキをありがとう!
14
すべての買い物をたのしく、そしてブランディングで世界を豊かに。テクノロジーとデザインで日本のD2C(DTC、DtoC)ブランドを支援します。 https://fracta.co.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。