【新発見】  「1年間洋服を買わないチャレンジ」がもたらした、自身の変化

こんにちは。株式会社フラクタ テクニカルディビジョン所属のおぎたです。

フラクタはさまざまな企業のブランディングを手掛ける「ブランディングエージェンシー」です。そこで今回、同社の一員として、私も仕事とはちょっと違う視点から「ブランディング」について考えてみたいと思います。

「服を買わなきゃ」という謎の焦燥感

突然ですが、皆さんに質問です。

この1年間で、服を何着買いましたか?
そして買った服のうち、出番があったのは何着ですか?

「全部ちゃんと着てるよ!」という方も中にはいらっしゃると思いますが、「そう言えばあの服、ほとんど着ていないな…」という方のほうが多いのではないでしょうか。

私にも、そんな服がたくさんあります。気に入って、絶対必要だと思って買ったはずなのに、1回しか袖を通していない服。クローゼットの中でひっそりと、時間が止まったかのように掛かったままの服。そんな服は1着ではありません。何着もあります。

ベンチにはたくさんの選手が控えているのに、試合に出るのはいつもスタメンだけ。攻撃パターンはいつも一緒。クローゼットの服たちは、まるで“面白味のないチーム”のようになっていました
服は余るほど持っているはず。なのに気が付くと「着る服が無い」「そろそろ買わなきゃ」と、新たな服を買い足そうとする自分がいる。この“謎 × 不毛な繰り返し”を、どれくらい続けてきたのでしょう。…考えると恐ろしくなりました。


「1年間洋服を買わないチャレンジ」、決行


そんな自分に嫌気が差し、先日、ついに一大決心をしました。以前、ネット上で話題になっていた「1年間洋服を買わないチャレンジ」。これに私も挑戦することにしたのです。

やり方はこう。

①「1月」〜「12月」まで書いた付箋を12枚(1年分)、自室の鏡に貼る
②1ヶ月間服を買わずに過ごせたら、その月の付箋を剥がす
(例:3月中服を買わなかった → 「3月」と書かれた付箋を剥がす)

チャレンジを始めて半年。ようやく半分の付箋を剥がせました。街に溢れる「Sales」の文字が目について苦しいこともありますが、残り半分も頑張って達成したいです。

まだ半分しか剥がせていない私が偉そうなことは語れないのですが、このチャレンジを始めて自分の中に「ある変化」が芽生えていることに気づきました。

それは、

・自分に合う服ってどういうものだろう
・そもそも、自分に絶対必要な服ってどういうものだろう
・じゃあ、自分に要らない服ってどういうものだろう

これらを考えるようになったこと。

「服を買わなくなった」ことで初めておこなった、“自分と向き合う作業”。「必要ないもの」を考えることは、私にとってあまりにも新鮮でした。まだ先は長いですが、恐らくこれはとても大事なことだ、きっと大きな変化につながるに違いない、と感じています。

そして、この作業こそ「ブランディング」に繋がるのでは、と思ったのです。


「要らないもの」を排除して見える、自分自身の“核”


「ブランディング」は、究極にシンプルに考えると【譲れないもの / 要らないものは何かを問うこと】と言えると思います。「いいものだから」「世間で流行っているから」と全てを取り入れることが、企業にとって必ずしもプラスになるとは限りません。「必要ないもの」を明確にしていく作業、それが「ブランディング」の第一歩になるのではないでしょうか。

そういう意味で、私は現在、自分に要らないものを一つずつ排除しながら、自身の「ブランディング」を行っている最中です。

余計なものをすべて削ぎ落とし、やっと見える核の部分。しかし、核を発見しただけで「ブランディング」は完成しません。その核をどのように魅力的に成長させ、周囲に認知してもらうか。そしてその核を守り抜くには何をして、何をしないのか。そこまで考えて初めて、ブランディングが成功に近づくのだと思います。

余談ですが、フラクタには「セルフブランディング」に成功している人が数多くいます。チョコが大好きでチョコレートエキスパートの資格を持つエンジニア、朝はこだわりのコーヒーセットで、挽きたてのコーヒーを楽しむディレクター、デヴィッド・ボウイを愛して止まず、靴下までデヴィッド・ボウイアイテムで揃えるデザイナーなどなど、「セルフブランド」を確立させ、社内周知に成功している人がたくさんいます。

これから先、企業はもちろん、個人・学校・そして国も、「ブランディング」を最重要かつ最優先課題として取り組む時代になると思います。フラクタでは、これまでもこれからも、業種や規模を問わず一つひとつの「ブランディング」に真摯に向き合っていますので、いつでもお気軽にお問い合わせください。

そして皆さんも良ければぜひ、「1年間洋服を買わないチャレンジ」に挑戦してみてください!きっと新たな自分自身の発見に繋がりますよ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8

FRACTA | ブランディングエージェンシー

“ブランディングで、世界を豊かに。“その信念を元に、クリエイティブとテクノロジーを駆使した戦略で、ブランドの潜在能力と存在意義を導く。そして、ブランドの先にいるお客様の心を豊かにしながらも、企業のモチベーションや一体感を醸成し続けます。https://fracta.co.jp/

People & Culture

FRACTA の働く環境づくりのレポート。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。